大家さんのための青色申告応援サイトです。経理初心者の方でも、不動産所得の青色申告が簡単に出来ます!

書籍の紹介

amaoznで購入する

全ての大家さんに、記帳義務が課せられました!

平成26年1月1日から、所得金額に関わらず、全ての大家さんに記帳と経理書類の保存が義務付けられました。今まで白色申告で、帳簿を作成されてこなかった大家さんにとっては、大きな負担になるでしょう。

しかし、、これをきっかけに経理が見える複式簿記をつけて、収入と経費をしっかり把握すると、数字によって、賃貸経営の先を見通す力がつき、先々に起こるお金の問題にも、前もって対処することができます。

本書をご覧いただき、「もっと数字や税金について、理解を深めよう!」と思っていただけたら幸いです。チャレンジする大家さんを、全力でサポートさせていただきます。

書籍の内容

本書は、経理初心者の方が、初めて青色申告に挑戦されることを前提に構成され、青色申告クリアへ向けて、インプットいただく順に章立てされています。

第1章をお読みいただくと、「税金って、こんなに支払うのか!?」と実感いただき、節税への意識と、青色申告への取り組みへのテンションを上げていただけるのではないかと思います。

2章、3章で節税、4章で大家さんに欠かせない資産の減価償却のルールなど、経理の基礎知識をインプットいただき、決算書作成にチャレンジしてください。

初心者にやさしい、大家さん専用の青色申告ソフトが、読者特典として本書に付いていますので、複式簿記を短時間にクリアしていただけます。

決算データが完成し、確定申告を無事に終えられたら、第9章をご覧いただき、ぜひ決算データを分析してください。利益は、お金の管理によってもたらされます。

  • 不動産収入にかかる税金とは?
  • アパート・マンション経営の節税テク 
  • 青色申告に必要な経理の基礎知識
  • 減価償却をマスターしよう!
  • エクセルで超簡単!パソコン経理
  • 取引をサクサク仕訳入力!
  • 青色申告決算書を作成しよう!
  • 確定申告書を作成しよう!
  • 大家さんで成功するには?
  • 【読者特典】 大家さん専用の青色申告ソフト付 (※ダウンロード版)

目次を見る/立ち読みコーナーへ

対応年度について

書籍の年度、【2015-2016年度版】は、2015年分(平成27年分)の所得を2016年に確定申告する、という表記になり、発行年度の税制改正に対応しています。

また、改定版の発売が11月以降になりますため、確定申告終了後にご購読いただいた方へ向けて、読者特典ソフトは、平成27年度申告用と平成28年度申告用とご用意しております。平成27年度の税制改正の内容は、メールにてお届けいたします。

読者特典ソフトの動作環境について

読者特典ソフトは、Windows版になります。Mac版の Excel およびマイクロソフト社以外の表計算ソフトではご使用いただけません。ご了承ください。

ご使用いただくには、マイクロソフト社の Excel 日本語版/正規版 が必要になります。タブレットなどにプリインストールされている「RTが付くバージョン」は、マクロ機能が付いていないためご使用いただけません。ご購入前に、必ずお使いのパソコンのOSとExcelのバージョンをご確認ください。ご購入前に、必ずお使いのパソコンのOSとExcelのバージョンをご確認ください。

  • OS: Vista,7,8,8.1,10 日本語版
  • 必要ソフト: Windows用 Microsoft Excel 2007以降 日本語版/正規版

※Mac上で動作するWindows環境につきましては、読者サポートの対象外になります。あらかじめご了承ください。

読者特典

大家さん専用の青色申告ソフトを、無料ダウンロード!

青色申告のハードルを高くしているのが、複式簿記による帳簿作成です。さらに、市販の会計ソフトは、経理専門家向けのため、初心者には初期設定や入力画面を見るだけで、距離感を感じてしまいます。

そこで、Excel へプログラムを組み込んだ、Excel ソフトにて、初心者にやさしい青色申告ソフトを開発しました。ぜひ、お役立てください。

ソフトの操作は、無料サポート!

初めての青色申告を確実にクリアしていただくために、サポート体制を整えています。読者特典ソフトの使い方についてのご質問は、本サポートサイトの「お問い合わせフォーム」でお受けしています。

サポートサイトでは、ソフトの操作マニュアルや「よくあるご質問」、トラブルへの対処法など、役立つ情報を掲載しています。

困ったら、大家さん専門税理士に相談!

「自分でやろう!」と取り組まれても、開業年で分からないことが多すぎる、自分では判断がつきにくいので専門家のアドバイスが欲しい、という時には「税務相談サポート」(有料)をご利用ください。
詳しくは、サポートページをご覧ください。