大家さんのための青色申告応援サイトです。経理初心者の方でも、不動産所得の青色申告が簡単に出来ます!

マクロを有効にする手順について

赤い警告バー「セキュリティリスク/マクロの実行をブロックしています。」が表示されます。
Microsoft社にて、セキュリティ強化のため、インターネットからダウンロードした<VBA マクロ有効ブック>について、デフォルト(既定)でブロックする仕様へ変更が行われました。

2022年4月より、順次、更新プログラムのインストール後に、仕様変更(※)されます。
※これまでは、黄色い警告バーに表示された「コンテンツの有効化」をクリックするとマクロを有効にできましたが、Excel の画面上から有効化できなくなります。

セキュリティリスク」が表示された場合は、以下の手順で、マクロのブロックを解除してください。
  • 更新プログラムのインストール後、(解凍後に)起動すると、赤い警告バーが表示されます。
    ※警告バーの「詳細情報」をクリックすると、Microsoft社の サポートページが表示されます。

    Excel マクロを有効にする

  • 赤い警告バーが表示された場合は、帳簿ファイルを閉じて、エクスプローラーから、ファイルの保存先を開きます。
    ※ダウンロード時に、保存先を選択しなかった場合は、パソコンの「ダウンロード」フォルダ内に保存されています。

    Excel マクロを有効にする

  • <解凍>したフォルダ内にある「帳簿ファイル」を選択して、右クリックし、表示されたメニューから [プロパティ] を選択します。

    Excel マクロを有効にする

  • 解凍後の帳簿ファイル(※)のプロパティの[全般] タブの下部にある、[セキュリティ] の [許可する] のチェックボックスへチェックを入れて、[OK] を選択します。
    ※解凍前の(zipフォルダ内の)帳簿ファイルのプロパティへは、ブロック解除が表示されませんので、ご注意ください。

    Excel マクロを有効にする

ファイルを開いて、操作ボタンをクリックしても動作しません。マクロを有効にする方法を教えてください。
操作ボタンをクリックしても動作しない場合、または以下のエラーメッセージが表示される場合は、マクロが無効になっていることが原因として考えられます。
Excel 2010 マクロを有効にする

セキュリティの警告」が表示されずにファイルが開く場合は、「セキュリティセンター(トラストセンター)」の「マクロの設定」を確認して、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」にチェックを入れてください。

セキュリティセンター(トラストセンター)の表示方法

・ファイル(※)>オプション>セキュリティセンター(トラストセンター)/セキュリティセンターの設定(トラストセンターの設定)>マクロの設定
Excel 2010 マクロを有効にする

マクロを有効にする操作手順

Excel 2010 以降の場合、ダウンロードファイルを開くと、「保護されたビュー」が表示されます。右端の「編集を有効にする」をクリックしてください。
Excel 2010 マクロを有効にする

セキュリティの警告」が表示されますので、「コンテンツの有効化」をクリックしてください。マクロが有効になります。この作業は、Excel 2010 からファイルを開く初回のみで、2回目からは自動的にマクロが有効になります。
Excel 2010 マクロを有効にする

※マクロのセキュリティレベルは、「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」に設定してください。

入力作業を始めようと、操作ボタンをクリックしたら、「このブックでマクロが使用できないか、またはすべてのマクロが無効になっている可能性があります。」とメッセージが出ました。
エラーメッセージは、マクロが無効になっていることによります。次のような原因が考えられます。
  1. 起動時に、「コンテンツの有効化」が選択されず、マクロが無効の状態になっている。

    【解決方法】
    起動時に、「コンテンツの有効化」を選択して、マクロを有効にします。
    ※新しい帳簿ファイルやファイル名を変更した際は、初回起動時に、マクロを有効にする操作が必要になります。
  2. 「マクロの設定」にて、「全てのマクロを無効にする」が選択されている。

    【解決方法】
    「セキュリティの警告」が表示されずにファイルが開いた場合は、次の手順で「セキュリティセンター」の「マクロの設定」を確認してください。
    • 画面上のメニューから、「ファイル」を選択して、左メニューから「オプション」をクリックします。
    • 表示された「Excel のオプション」の左メニューから、「セキュリティセンター(トラストセンター)」をクリックします。
    • 右画面の「セキュリティセンターの設定(トラストセンターの設定)」ボタンをクリックします。
    • 表示された「セキュリティセンター(トラストセンター)」の左メニューから、「マクロの設定」をクリックします。
    • 右画面に表示された「マクロの設定」jから「警告を表示して全てのマクロを無効にする」へチェックを入れて「OK」をクリックします。
    • 「Excel のオプション」の「OK」をクリックします。
    • Excel を再起動して、、「コンテンツの有効化」が表示されたら、クリックします。
  3. 「名前を付けて保存」を選択された際に、ファイル形式が変更されてしまった。
    「マクロ有効ブック」の拡張子は、「.xlsm」になります。Excel ブック(.xlsx)で保存すると、マクロが無効になります。

    【解決方法】
    「名前を付けて保存」にて、ファイルの種類から、「マクロ有効ブック(*.xlsm)」を選択して保存し直すと、マクロが使用できる状態に戻ります。